パワーストーンについて知っていますか?代表的なパワーストーンもご紹介!

開運com TOP
「開運.com」 TOP
「開運.com」 開運グッズとは
「開運.com」  選ぶポイント
パワーストーン
「開運.com」  風水
「開運.com」  パワーストーン
「開運.com」  ゲルマブレス
「開運.com」  掛け軸
「開運.com」  財布
「開運.com」  ??!な商品
「開運.com」 パワーストーン

パワーストーンってなに?

パワーストーンとは、宝石のなかでもある種の特殊な力が宿っていると考えられている石のこと。
科学的合理主義の立場からは、パワーストーンの特殊な力が存在することは証明されないため、疑似科学かオカルトのようなものとして考えられている。
風水などの世界では、「パワーストーン持っていることにより、こういう事象が起きやすくなる。」という統計的結果に基づいて各石の用途が定められているとされています。

パワーストーンの歴史

歴史的には、古来からさまざまな民族のあいだで、稀石、宝石に特殊な力があると考えられてきた。ヒスイはマヤやアステカ文明では呪術の道具として用いられており、紫水晶は西洋では魔術や毒を防ぐ力をもっていると信じられていた。これがパワーストーンの走りであると言っても良いのではなかろうか。
パワーストーンついての考えが1980年代初期のアメリカでのニューエイジムーブメントに取り込まれ、石に癒し(ヒーリング)の力があると解釈されるようになった。このとき、特に癒しの力が大きいと考えられていたのが水晶である。「クリスタルパワー」という言葉が作られ、水晶によるパワーストーンの効果が説かれるようになった。
これが1980年代後期から90年代前期にかけてアメリカから日本に、主に占星術者の手によって紹介されると、日本にもパワーストーンブームが起こり、多くのそれほど高価でない宝石類が売れることになった。そんな歴史あるパワーストーンが欲しいならパワーストーンのマルラニハワイがおすすめです。

パワーストーンの現状

その後パワーストーンブームは下火になったが、2000年代前期に、今度は「石の浄化」というアイディアを取り入れたことから再びパワーストーンに注目が集まっている。
しかし、こう見ただけでもパワーストーンは昔から多くの人に必要とされパワーストーンとしての地位を気付いてきたと言えるだろう。

代表的なパワーストーン

クリスタル(水晶) パワーストーンの原点とも言える。万能のパワーストーンとして知られている。
ラピスラズリ パワーストーンとして最も古い歴史を持つ。仏教では七宝の1つとされる強力なパワーストーン
エメラルド 眼病の治療(中世欧州)知力の増強(近代)
ルビー 色が血に似ることから止血(中世欧州)精力の増強(近代)
アメジスト 色がワインに似る事から二日酔いの予防(中世欧州)
ダイヤモンド 最強のパワーストーンと称されたりもする。非常に固い事から
骨折の予防(中世欧州)不敗の護符(古代インド)
磁石 磁力が鉄を引き寄せる事から恋愛成就・夫婦和合の護符(中世欧州)
翡翠 腐敗の防止(古代中国)富貴(中国文化圏)
トルマリン 健康増進作用に秀でたパワーストーン。また、金運や、人気運にも効くと人気のパワーストーンである。
ターコイズ ヒーリング、出世運の向上に効くとされるパワーストーン。
琥珀 樹液の化石であるため、女神の涙として語られる。
また、中に虫などが入っている事もある。
珊瑚 桜の花が埋められた死体の血の色だと言われるように赤い珊瑚は
メデューサの首から流れた血が吸い取られたものだという。
アンモナイト とぐろを巻いた蛇のような姿は、かつてヴィシュヌに体当たりをしたと
言う蛇にたとえられる。そのため、アンモナイト周辺の土はヴィシュヌ
の一部としてパワーを持つとされる。
サファイア その青さが空を固めたものとして、天空神とのつながりを信じられる。
パワーストーンとしての人気も高い
真珠 花山天皇が竜神から授かったという如意宝珠を、後白河に言われ
調べた海人は代わりに大きな貝を見つけたという。
その事から如意宝珠は貝から生まれる真珠であるとされた。
雲母 吹けば飛ぶほど薄く剥がれる事から、中国では雲は雲母が空を飛ん
でいるものと考えられた。山で雲が発生するのは風が山に当たり、
雲母を巻き上げるからであると。

最後に・・・

尚、パワーストーンを販売する小売店等に、「自然融合研究所」から商標「パワーストーン」の利用についての警告が送付されたことがある。同社の所有する当該商標は第10類「ドーナツ状石材に多数の穿孔を有し、足・手を通して気のバランスを整える健康増進器具」(第4141760号)としての「パワーストーン」を商標登録したものである。 後に、同社より健康・癒しに属さない金品的価値に関す宝石やその原石を含む第14類に対する商標「パワーストーン」(商標出願2006-41655)を加えての出願がなされたが、平成19年3月16日に特許庁との協議の結果取り下げられている。
パワーストーンの効果に関する情報「パワーストーンの効果」のページを追加しました!
(免責事項)
当管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが 掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。
「開運.com」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「開運.com」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします。