オナ禁は精力アップに効果的?

 

オナ禁をするとバカになる
オナ禁をすると髪の毛が濃くなる
オナ禁をすると女性にもてるようになる
オナ禁をすると肌がきれいになる
など

 

オナニーを禁止する事によって得られるとされる効果の噂はたくさんあります
その中でも管理人が気になっていたのはオナ禁をすると精力がアップすると言う話

 

本当にオナ禁には精力増進効果があるのでしょうか?


オナニーの存在意義と精力増進効果について

 

まず、オナニー行為は私たちにとってどのような意味があるのでしょうか?
もともとオナニーの語源は旧約聖書に登場するオナンと呼ばれる人物から来ていると言われています
Wikipediaによると…

オナニー (Onanie) の語源は、『旧約聖書』「創世記」中の記述に由来する。
「創世記」38章にオナンという名の男が登場する。彼は兄エルが早死にしたため、その代わりに子孫を残すべく兄嫁タマルと結婚させられた(逆縁結婚)。しかしオナンは兄のために子を残すことを嫌い、性交時は精液を膣の中に放出せず、寸前で陰茎を抜き精液を地に漏らして避妊をしようとした[8]。しかしこの行為は主の意志に反するものとされ、オナンは主によって命を絶たれた[9]。オナンがおこなったのは膣外射精であるが、語義が転じて生殖を目的としない射精行為としてオナニーという言葉が使われるようになった。これは自慰それ自体が罪だとされたのではないという見方もある[10]。
オナンが兄のために子を残すことを拒否したのは、兄嫁に子ができてしまうと、父の遺産がその子のものになってしまうためであった。兄嫁に子ができなければ、遺産は次男であるオナンのものとなるはずだった。一般には「血統維持」を強調した物語と理解されている[要出典]。

とあります

 

マスターベーション、ひとりエッチ、自慰行為など他にもオナニーの言い方はたくさんありますよね

 

 

で、存在意義としては基本的にやりすぎでなければ定期的なオナニーは精子の新陳代謝の為にはいいと言うのが現在の通説となっています
昔は宗教的な問題や道徳的な問題などでオナニー行為は恥ずかしい事とされてきた一面もありますが、現在は男女ともに適度なオナニーは生殖器の健康を保つ為に必要とされています

 

 

男性の場合オナ禁をする事で女性に対する積極性がアップしてモテるようになると言う考え方があります
しかし、筋肉と同じように何でも使用しないとその機能が衰えてしまいます
体内で生成された精子を新しく生成される精子と入れ替えてあげる事でより強くて健康的な精子が体にストックされるようになっていますので適度なオナニーはむしろ健康的なんです

 

 

適度なオナニーの回数はと言うとこれはその人の性欲や精力によって個人差がありますが、最低でも3日に1回程度はしておく方が良いと言う声が多いようです
理由は精子の生成の為にかかる時間が75時間ほどかかるからです
精子の循環と言う事だけを考えると新しい精子が出来るタイミングでオナニーをするのが良いと言うわけですね

 

 

また、ある生物学者の実験によるとオナニー後には精子の質が上がると言うデータもあり、適度なオナニーは健康的な行為と言えます

精力増進効果は?

オナ禁をすると精力がアップすると言う話についてですが、上記の話から考えると精力自体がアップすると言うのはただの噂の様です
ただ、間違ったオナニーなどはEDや遅漏などの引き金になる事から間接的に心因的な精力ダウンにつながある恐れがあります

 

 

・床にこすりつけるオナニー
・強い手の圧力で行うオナニー
・特殊な趣味のアダルト動画の視聴

 

 

など普通のセックスと違うオナニーをし過ぎるとセックスの際の刺激が足りずに膣内射精障害や遅漏などの原因になります
実際、管理人も膣内射精障害に陥ってしまい、克服するのに苦労しました…
オナニーのし過ぎでセックスが上手くいかなくなるとセックスに自信が持てなくなってその結果心因的なEDの様な症状を引き起こす事は珍しくありません

 

 

精力自体はオナニーによって左右される事はあまりありませんが、こういった間違った行為を改善する事によって結果的に男性としての自信を取り戻して精力増進効果が出る事はありそうです