インポテンツは精力剤で解消できる?その理由とは?

 

インポテンツとは正常に勃起が出来ない状態の総称です
ここ最近はEDという言葉がありますのであまり使用される事が無くなっているかもしれませんね

 

インポテンツとEDの違いは調べてみると微妙な所ですが、
インポテンツは性的不能と言うドイツ語から来ている言葉でイメージとしては完全にお○んちんの活力が無いようなイメージです
EDは勃起不全と言う英語で完全に勃起すらしない状態や中折れなどの重い症状から時によって勃起しないなどの症状まで幅広い勃起に関する症状のイメージです

 

実はインポテンツは差別的な要素を含んでいると言う声があって最近ではほとんど使用されなくなっているようです
確かに、インポという言葉自体は差別的な言い回しやネタとして使用される事が多い気がします
ですので、ここからはインポテンツではなくてEDと言う言葉を使っていきたいと思います

 

で、テーマにもしたED治療に精力剤は有効なのか?と言う点についてリサーチした結果をご紹介したいと思います


EDの種類と精力剤の役割

ED(勃起不全)と一言に言ってもその原因や症状は様々です
心因性のものから、欠精子症、無精子症などの精子に問題があるものまで様々です
また、中折れなどの症状や勃起自体しないような重度な症状まで様々です

 

ですが、ほとんどの場合に原因があるのは精子の量や質です
加齢、精神的な疾患、ストレスなどによって精子量や質が低下する事によって勃起しずらく、持久力が無いペニスになってしまいます
一旦、そういう状態になるとセックスが上手くいかなかったトラウマなどが出来てしまって余計にEDを加速させる傾向にあります

 

日本では約1,100万人がEDに悩んでいるとされており、深刻な症状の方も当然いらっしゃいますが、多くの場合は生活習慣や食習慣で解消できると思います
ただ、大前提として医師に相談する事は言うまでもありません
日本ではEDとされる症状の方でも病院まで行く方はあまりいないそうです
どんな病気でもそうですが、初期段階で手を打っておく方が改善する労力もかかりませんし、費用の負担も少なく済みます

精力剤は精子の量や質を上げる?

精力剤と言うとバイアグラの様な勃起薬をイメージされるかもしれませんが、バイアグラは医薬品で精力自体をアップさせるわけではありません
簡単に言うと勃起した際の硬さや持久力を上げる一時的な薬です

 

もちろん、EDの方の助けになっている事は間違いありませんが、症状があまり重くない方でも手軽に個人輸入などで手に入れる事が出来、依存してしまう場合もあります
バイアグラの副作用はめまい、目の充血、ほてりなどの軽い物がほとんどですが、依存してしまうと精神的に良くありませんよね…
バイアグラが無いからセックスに自信が持てないと言うのはまた違った問題を生み出してしまいます
重度の方は小作りの為に使用したりと効果的な場合がほとんどですが

 

精力剤と言うのは健康食品の一部です
普通の食事では十分に摂取しずらい栄養素(シトルリン、セレン、亜鉛、アルギニンなど)を一度に効率よく摂取できると言うものです
精子を作り出す栄養素や質を上げる栄養素がたくさん含まれており、生活習慣の改善(運動不足や喫煙、深酒などの悪習慣)などと併せて摂取するとEDの解消に役立ちます
費用としては一日あたり500円程度辺りが最も一般的

 

EDに悩んでいる方やそうでないかと思われている方は栄養補給として精力剤を活用する価値があります